本棚が増えると嬉しいけど同時に部屋を圧迫する

人間暇だと碌な事を思いつかない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

村正!

悪鬼装甲終わりました
結構な長さでした

今回もネタバレ全開で

1~4話位までで20時間以上
分岐から各ヒロインで20時間づつ
村正EDでまた20時間位
計80時間程
それもこれも音声を全部聞いていたから
それ程読んでいてまた聞いていて苦痛にならない

文章は時代背景を考慮してか少し古い文体
読み手に辛さを感じさせる程でもなく、あくまで演出の一部としての古めかしさ

シナリオも分り易かった
ダークヒーローと言う触れ込み通りのシナリオ
前に感想を書いたダークナイトに似た部分(主人公の正義に付いての葛藤)がある
と言ってもバットマンは正義とは何か?なのに対して
景明さんは自分の心の方向け方を考え結果自身の行為自体は正義ではないと断定、処断する、その点で違っている

はい
ここですね
私が大嫌いな部分です
正義だ!とか何とか言いつつ悩む
自分が決めて行っているのに行動が伴わない
このままだと自分の嫌いなシナリオになると思っていましたが、ちゃんと用意してくれていました
雪車町一蔵さん
見事に主人公の矛盾点を突いてくれます
と言っても主人公が悩むことは確かで戦闘の終了後等はイラっとしました
戦闘以外の主人公は天然なので無害でしたが

後、題材が人斬りなので道徳観念に触れる部分が多くその点に嫌悪を感じる人は多そう

キャラクターに目を向けてみると、これまでのニトロ作品にないくらい魅力的なキャラクターが多かったです
六波羅とか六波羅とか六波羅とか…
いや…本当に六波羅は良い
シナリオが六波羅中心になると、とても楽しく読み進められた
獅子吼の不器用っぷりとか
雷鳥の武闘派と美的センスとか
婆娑羅坊主の気まぐれとか
タイガー可愛い!
ダーク景明さんの明瞭すぎる目的意識とか

六波羅のシナリオはもっと長くても良かった…

いちじょーさんと正宗くん
それでも正義はやって来る
RYUUUUUUUUAAAAAAAAA!!!!
足が吹き飛ぼうとも内臓が無くなろうとも死ななければ勝てる
これくらいぶっ飛んでたら笑うしかない
でも意外と繊細で少しイラっとしたけど、あの塩梅が良かったのかも知れない

大尉!と侍従殿!
復讐の方法は凄い洞察力
動機は人を殺されたから
後はがんばるだけ
一条さんの後にプレイしたせいか正宗くんの印象が強すぎたせいか
印象が薄い…
しかも一緒に侍従殿がいるせいで更に…

村正ちゃん
3話辺りから急に読者の好感度を上げて来た蜘蛛
おかしいよね…ヨロイなのに…
善悪相殺とか重い掟を持ってる癖に…悔しい!

演出、音楽
3Dの表現が上手くシナリオとかみ合っていたしBGMの入れどころも良かった
歌の挿入は微妙と言うか雰囲気に合っていなかった部分が多かったけど…
戦闘シーンは前半少し長いかと思ったが後半には良い塩梅になっていた

システム面
高速スキップが少し使い辛い…
後は飛空艇やパズル見たいなものは要らなかった気がする
それ以外は特に気にならない

総評
キャラクターの生かし方を心得た感じのゲームでした
2話以降のキャラクターは見どころを感じさせる良い動きをしていました
続編を期待したいゲームです
主に六波羅メインで

悪くないと思います
スポンサーサイト
  1. 2010/01/27(水) 07:22:36|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔の話ばかりする男は出世しないってマイメロのお母さんが言ってた | ホーム | 胃が荒れる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinohosi.blog17.fc2.com/tb.php/133-14afd148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。